お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2013年8月15日木曜日

マクロ:クリックした点が中心になる長方形を作成(AutoCAD 2014)


今日は前回のマクロの続きです。

前回は、クリックした点が基点となる 100 x 50 の長方形を作成するマクロを作りました。

今回は、クリックした点が長方形の中心となるようにしたいと思います。
そのため AutoLISP を使用しました。

getpoint 関数でクリックした点の座標値を取得して、mapcar という関数で X 座標から 50、Y 座標から 25 を引いた点を長方形の基点にしています。

具体的にはこんなマクロにしました。
^C^C(command "_RECTANG" (mapcar '- (getpoint) '(50 25 0)) "@100,50")

詳しくは動画を作成したので見てみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿