お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2013年7月12日金曜日

マウスの右クリックをカスタマイズ(AutoCAD 2014)


昔の AutoCAD ってマウスを右クリックすると、[Enter] キーを押したときと同じ動きをしていましたよね。

例えば、CIRCLE[円] コマンドを実行して円を描いたあと、マウスを右クリックするとまた CIRCLE[円] コマンドを実行することができるといった動きです。

でも、今の AutoCAD はマウスを右クリックするとショートカット メニューがでてきます。

ショートカット メニューには「繰り返し」「最近の入力」「クリップボード」「選択表示」などよく使うコマンドがいくつか表示されるようになっています。


で、この動きを変えれるって知ってました?


[オプション] ダイアログの [基本設定] タブの左上に [右クリックをカスタマイズ] っていうボタンがあるので、それをクリックすると [右クリックのカスタマイズ] ダイアログが表示されて、そこで設定を変更できます。

一番上にある 「クリック時間に応じた右クリックの機能を有効にする」 というのにチェックを入れると、マウスの右クリックをしたときのクリックの長さによって動きが変わってきます。

既定値ではクリック時間の長さが 250 ミリ秒になっているので、250 ミリより短い時間の場合は [Enter] キーを押したときと同じ動きになります。

で、マウスを右ボタンを押して 250 ミリ以上たった後に離した場合はショートカット メニューが表示されます。

こうすれば、同じコマンドを何度も続けて実行するときに、キーボードで [Enter] を押さなくてもマウスの右クリックだけですむようになります。


ちょっとしたことですが、慣れれば結構便利ですね。
動画も作ったので見てみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿