お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2012年8月7日火曜日

異尺度対応の機能の紹介(AutoCAD 2013)


7月26日にあった 『AutoCAD 道場 ACPE:AutoCAD 生産性向上プログラムをはじめよう』 って見ました?


もし見てない人は、USTREAM の autocad-autodeskjapan のチャンネルで見ることができるので、時間があるときにでも見てみるといいと思います。


この中で、異尺度対応についての説明もしていました。(動画は以下 2 つです。)



異尺度対応に関しては、私も便利だと思ってます。
異尺度対応ツールっていうのも作ってます。)

でも、実際に使ってる人はなぜか少ないみたいですね。



以前も異尺度対抗の紹介をしたのですが、あらたにこれから何回かに分けて紹介したいと思います。


最初の今回は、使い方を簡単に紹介したいと思います。
異尺度対応で使うのは、基本的に以下の 2 箇所です。
  • 注釈の設定(文字スタイル、寸法スタイル、マルチ引出線スタイル)
  • 注釈尺度

動画を作ったので、見てみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿