お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2012年3月14日水曜日

PolarSnapを使用して、指定した角度と間隔でカーソルの動きを制限する


今日は先日に続いて 『AutoCAD ワクテク集 2012年2月版』 に書いた技術情報を紹介です。
今回で、 『AutoCAD ワクテク集 2012年2月版』 に書いた技術情報の紹介は最後にしようと思います。

内容は、『PolarSnapを使用して、指定した角度と間隔でカーソルの動きを制限する』です。

「AutoCAD ワクテク集 2012年2月版」 と同じようにしてみたので、いつもとちょっと違って動画は下の [YouTube] のマークにリンクしてます。


PolarSnapって知っていますか?



スナップというのは、水平方向 または 垂直方向に指定した間隔でカーソルの動きを制限するというものですが、PolarSnapは、水平方向 または 垂直方向だけではなく指定した角度に対しても有効になります。


例えば、LINE[線分] コマンドを実行して、1 点目を指定したあとに、30°の方向にカーソルを移動すると、50 間隔でカーソルが動くようになるといったことができます。


設定の方法は、以下のようになります。

1.     DSETTINGS[作図補助設定] コマンドを実行します。
2.     [作図補助設定]ダイアログの[スナップとグリッド]タブで、[スナップ オン]をチェックします。
3.     [スナップのタイプ]領域で[PolarSnap]を選択します。
4.     [極間隔] にスナップしたい間隔を入力します。
5.     [極トラッキング]タブで、[極トラッキング オン]をチェックします。
6.     [角度の増分]リストからスナップさせたい角度を選択します。
リストにない角度を指定したいときは、[追加角度を使用]をチェックして[追加]ボタンをクリックして角度を入力します。
7.     [OK]ボタンをクリックします。

0 件のコメント:

コメントを投稿