お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2011年8月25日木曜日

AutoCAD 2012 の配列複写コマンドを、以前のバージョンのように使用する方法(AutoCAD 2012)


今日は、以前のメルマガでお知らせしたものですが、AutoCAD 2012 の配列複写コマンドを、以前のバージョンのように使用する方法です。


この方法で行うと、ダイアログは出ないのですが、コンテキスト タブで簡単に行や列の数とか間隔を指定できます。
具体的には、ボタンを作って、以下の AutoLISP を設定します。


矩形状配列複写
^C^C(command "arrayrect" (ssget) "" "1" "1" "X")(command "select" "single" "last")(sssetfirst nil (ssget "_p"))(princ)

パス配列複写
^C^C(command "arraypath" (ssget) "" PAUSE "1" "D" "X")(command "select" "single" "last")(sssetfirst nil (ssget "_p"))(princ)

円形状配列複写
^C^C(command "arraypolar" (ssget) "" PAUSE "" "" "X")(command "select" "single" "last")(sssetfirst nil (ssget "_p"))(princ)


動画でいろいろ詳しく説明したので、以下の動画も見てみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿