お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2011年3月4日金曜日

F1 キーを無効にする方法(AutoCAD 2011)


2/21 のメルマガでも書いた内容です。


F1 キーを押すと、ヘルプが表示されますよね。


ヘルプを見たいと思ったときはいいんですが、作業中に間違って F1 キーを押してしまってイラッとした経験はないでしょうか?


そんなあなたのために、下の URL に F1 キーを無効にする方法が書いてあります。

http://cad-notes.com/2011/01/disabling-f1-key/

それは、ここの写真にあるように、クリップみたいのを使って F1 キーを押せなくするっていう画期的な方法です!!(なんか笑っちゃいますよね)………
なんてことはではないです。


その後の記述にリンクがありますが、以下の URL にあるように、CUI コマンドを使って、F1 キーに他の操作を割り当てるって方法です。

http://beingcivil.typepad.com/my_weblog/2009/12/how-to-disable-f1-key.html

ここでは、F1 キーを押すとヘルプが表示される代わりにキャンセルが実行されるようにする方法が書かれています。


簡単に手順を書くとこんな感じです。

  1. CUI コマンドを実行します。
  2.  [すべてのファイル内のカスタマイズ]領域で[キーボード ショートカット]-[ショートカット キー]を展開します。
  3.  [コマンド一覧]領域から[キャンセル](2 つありますが、どっちでもいいです)をドラッグ&ドロップで[ショートカット キー]に追加します。
  4.  右下の[プロパティ]領域で、[キー]の設定に F1 を割り当てます。
  5.  [OK]ボタンをクリックして、CUI コマンドを終了します。


そうすると、これ以降は F1 キーを押すとキャンセルが実行されるので、ヘルプが表示されることはなくなります。


ヘルプを表示させたいときは、AutoCAD のウインドウの右上にある「?」ボタンをクリックします。


また、リボンにあるボタン上にカーソルを持って行って、F1 キーを押すとそのコマンドに関するヘルプが表示されますが、その機能は有効のままのようです。
いい感じですね。

動画も作ったので、見てみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿