お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2011年1月10日月曜日

サーバ上の AutoCAD でネットワーク ライセンスを取得できない(AutoCAD 2011)


久しぶりにネットワーク ライセンスのネタです。


Windows 7 のパソコンをネットワーク ライセンス サーバにすると、そのパソコン上で AutoCAD 2011 を起動しようとしてもネットワーク ライセンスを取得できなくて起動できないみたいです。
(環境がないので確認できませんが、きっと Windows Vista でも同じだと思います。)


こんなときは、Network License Manager を Autodesk Network License Manager IPv6 Support for Windows のやつに置き換えると、ちゃんと起動できるようになります。


ただし、これに置き換えると、借用したライセンスの期限前の返却がサポートされないようです。


試しに、私の環境でやってみましたが、問題なく返却できました。
でも、サポートしてないって書いてあるので、何かの条件があったら返却できなくなるのかもしれません。


なので、もし Network License Manager をこれに置き換えるのなら、オプション ファイルで EXCLUDE _BORROW とか INCLUDE _BORROW を使って、ライセンス借用を使えなくするとか、MAX_BORROW_HOURS を使って、借用できる最大の時間を短くしてあげるかしておかないと、困ったことになるかもしれません。
(EXCLUDE _BORROW、INCLUDE _BORROW、MAX_BORROW_HOURS の詳細は、QA-4594.pdf の 57 ページ、64 ~ 65 ページに書いてあります。)


既定値では、最大 180 日間借りれるので、『180 日間の期限で借りたけど、やっぱり借りなくていいことになったのでもう返却しよう』 なんてことになったときに、返却できないってことになっちゃうかもしれません。


そうなっちゃうと、180 日間待たないとライセンスがサーバに戻ってこないので…


詳しくは、動画を作ったので見てみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿