お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2010年10月14日木曜日

AutoCAD 2011 Subscription Advantage Pack をインストールしてみました(AutoCAD 2011)

サブスクリプションの契約をしていると、Subscription Advantage Pack というのをダウンロードできて、いくつか追加の機能を使用できます。

AutoCAD 2011 Subscription Advantage Pack が今日からダウンロード出来るようになったので、ダウンロードしてみました。

※ Subscription Advantage Pack の詳細に関しては、オートデスク社の こちら の Web サイトに記述があります。


AutoCAD 2011 Subscription Advantage Pack には、以下の 2 つの機能があります。

  • AutoCAD 2011 Subscription Advantage Pack
  • AutoCAD WS plug-in for AutoVCAD 2011

AutoCAD 2011 Subscription Advantage Pack をインストールすると、リボンに [Subscription] タブが追加されます。

【DWG 変換
DWG TrueView 2011 の [DWG 変換] と同じ機能のようです。
DWG TrueView 2011 をインストールしなくてもいろんなバージョンの DWG ファイルに変換できるってことですね。

【IGES 読み込み】、【IGES 書き出し】
選択した図形を IGES ファイルに書き出したり、IGES ファイルを現在開いている図面中に読み込んだりできます。
AutoCAD Mechanical のようなオプションの設定はないようです。

書き出した IGES ファイルを見てみると、IGES version 5.3 となってました。


AutoCAD WS plug-in for AutoVCAD 2011 をインストールすると、リボンに [オンライン] タブが追加されます。

これ利用して、先日リリースされた AutoCAD WS の機能を使用して図面ファイルをオンライン ワークスペースにアップロードして管理できます。

これについては、いろいろやってみて後日ブログに載せたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿