お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2010年5月11日火曜日

配置を作成して AutoCAD 2011 をインストール - その6 「配置を DVD に焼いて、DVD からインストール」

配置を作成してインストールする方法について書いてきましたが、とりあえず今回で終りにしようかと思います。


今回は、サーバに作った配置からインストールするのではなく、配置を DVD に焼いて、DVD からインストールできるか試してみました。

クライアントがいっぱいあって、同時にサーバの配置からインストールするとネットワークに負荷がかかりすぎて問題になるようなときに使えるかもしれないと思って試してみました。


先に結論から言うと、配置を DVD に焼いて、そこからインストールする事はできました。
ただし、インストールに結構時間がかかりました。


試してみた内容は、こんな感じです。
  1. 配置を作成します。
  2.  
  3. 配置にできた AdminImage フォルダを DVD にコピーします。
  4.  
  5. 以下のようにインストールを行うためのバッチファイルを作って、DVD のルートに置きます。(配置名を ACAD2011NLM にした時の例です。)

    .\AdminImage\Setup.exe /qb /I .\AdminImage\ACAD2011NLM.ini /language ja-jp
  6.  
  7. DVD のボリューム ラベルを acad2011 にします。
  8.  
  9. DVD をファイナライズします。
  10.  
  11. クライアントで上記 3 で作成したバッチファイルを実行してインストールを行います。
※ Tools フォルダ と <配置名>のショートカット は DVD にコピーする必要はありません。


最初にも書きましたが、DVD からインストールすると、結構時間がかかります。
管理人の Virtual PC の環境で試したとろこ、以下のような感じでした。

DVD に作成した配置からインストールしたとき

  • .NET Framework など AutoCAD 以外のインストールにかかった時間 : 約 30 分
  • AutoCAD のインストールにかかった時間 : 約 10 分
  • Language Pack のインストールにかかった時間 : 約 50 分

ということで、合計で 約 1 時間 30 分 もかかりました。
なんとなくですが、Language Pack のインストールで、ヘルプファイルを DVD  からコピーするのにとっても時間がかかっているようでした。


DVD に作成した配置をクライアントにコピーして、それを使用してインストールしたとき

  • 配置を DVD からクライアントにコピーするのにかかった時間 : 約 40 分
  • .NET Framework など AutoCAD 以外のインストールにかかった時間 : 約 15 分
  • AutoCAD のインストールにかかった時間 : 約 7 分
  • Language Pack のインストールにかかった時間 : 約 8 分
ということで、合計で 約 1 時間 10 分 かかりました。


後者のほうが早くインストールできましたが、それでも結構時間がかかっちゃいますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿