お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2010年1月16日土曜日

Delete Duplicates(OVERKILL コマンド)(AutoCAD 2010)

重複している図形を削除したり結合したりすることができます。

[OVERKILL] ダイアログの [Numeric fuzz] については、よくわかりません???
重複しているかどうかを判断するときに使っていることはわかるのですが、その値がぐていてきな何かは???です。

オンライン ヘルプには、以下のように書いてあります。
For example: two circles lie almost directly on top of each other; the radius of one circle is 0.00001 smaller than the other one. If the fuzz value is set to 0, OVERKILL considers the two circles to be unique and does not modify or delete either of them. However, if the fuzz value is set to 0.00001 or higher, OVERKILL considers the circles to be equal and deletes one of them. The fuzz works in this way for other numeric comparisons such as X, Y and Z coordinate comparisons, as well as object comparisons involving scale, height, width, and so on.
 そこで、例えば、中心が同じで、半径が 250 と 250.1 の2つの円があったとき、 [Numeric fuzz] の値を 0.1 にしてみたのですが、重複されていると認識されず、1つの円にはなりませんでした。

いろいろ試してみたところ、円の中心が 0,0 で、半径が 250 と 250.1 の2つの円の場合、[Numeric fuzz] の値が 0.48800000 以下では重複しているとは認識されず、0.48800001 以上では重複していると認識されました。

でも、円の中心が 0,0 で、半径を 100 と 100.1 の2つの円でも確認してみると、[Numeric fuzz] の値が 0.48710462 以下では重複しているとは認識されず、0.48710463 以上では重複していると認識されました。

また、円の描く場所によって同じ半径でも [Numeric fuzz] の値の境界が変わってくるみたいです。

なので、[Numeric fuzz] の値は、特定の数値ではなく、指数のようなもので、コマンドを実行した時の結果を見て、結果に満足いかないときに変えてみるといった使い方になるのではないかと思います。
ただ、通常はこの値は変える必要はないのではないかと思います。

もし、[Numeric fuzz] の詳細に関してご存知の方がいれば、こちらまでお知らせいただければうれしいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿