お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2010年1月21日木曜日

command 関数(AutoCAD 2010)

AutoCAD のコマンドを実行する関数です。

使用例
(command "_.LINE" "0,0" "100,100" "")
LINE[線分] コマンドが実行され、0,0 から 100,100 に線分が描かれます。


このように、コマンドを実行するときに入力する内容を、"" で囲って順番に入れていけばコマンドを実効できます。
コマンド実行中に Enter を押すような場合は、"" と入力します。

コマンド名の前に「_.」を入れていますが、通常これを入れるもののようです。

「_」は英語でのコマンド入力を示しているようです。
例えば、フランス語版の AutoCAD では、STRETCH コマンドは ETIRER コマンドを実行するようになっているようです。つまり、同じコマンドでも、異なる言語版の AutoCAD では、コマンド名が異なることがあるようです。
日本語版は、コマンド名は英語版とすべて同じなので「_」をつけます。
普通みなさんは日本語版の AutoCAD で使用すると思うので、「_」をつけなくても問題なく動作しますが、フランス語などの AutoCAD で「_」をつけないと動かないことがあるのではないかと思います。(フランス語版の環境がないので、確認したことはありませんが。。。)

「.」は、AutoCAD のオリジナルのコマンドであることを示しています。
AutoCAD では、カスタマイズで元からあるコマンドに新しいコマンドを割り当てることができます。
例えば、UNDEFINE[コマンド定義解除] コマンドで、LINE コマンドを無効にすることができます。その後、自分で新たに LINE コマンドを作成して、独自の LINE コマンドを実行することができるようになります。
そのようなカスタマイズが実行された環境であっても、「.」をコマンドの前につけることで、カスタマイズされたコマンドではなく、AutoCAD が元から持っているコマンドを実行することができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿