お知らせ

--------------------------------------------------

プログラム作成/コンサルティングの申し込みはこちら

--------------------------------------------------

2009年12月25日金曜日

印刷(AutoCAD 2010)

図面を印刷するには、PLOT[印刷] コマンドを使用します。
PLOT[印刷] コマンドを実行すると、以下のダイアログが表示されます。


ここで、[印刷] ダイアログの右下にある [>] をクリックすると、以下のようにオプションも表示されます。
[ページ設定] 領域
[印刷] ダイアログ内で設定した内容を、名前を付けて保存することができます。
ただし、以下の設定は、ページ設定として保存されないようです。
  • [プリンタ/プロッタ] 領域にある [ファイルへ出力]
  • [印刷オプション] 領域にある [バックグラウンド印刷]、[印刷スタンプ]、[変更をレイアウトに保存] 


[プリンタ/プロッタ領域] 領域
[名前] のリストから、印刷したいプリンタドライバを選択します。

[ファイルへ出力] は、プリンタに印刷するのではなく、ファイルとして保存したい場合に選択します。
ただし、[DWF6 ePlot.pc3] や [DWG To PDF.pc3] のように、元からファイル出力用のものは、最初っから [ファイルへ出力] にチェックがされていて、チェックを外すことはできません。

PLOTTERMANAGER[プロッタ管理] コマンドを実行して、[プロッタを追加ウィザード] をダブルクリックすると、[プロッタを追加] ダイアログが表示されます。[次へ] ボタンで進んでいくと以下の画面となり、HDI ドライバを追加できます。でも、HDI ドライバを追加いたいときってほとんどないですよね、きっと。

[用紙サイズ] 領域
[印刷サイズ] のリストから、印刷したい用紙サイズを選択します。
リストに表示される内容は、選択したプリンタ ドライバによって違います。


[印刷領域] 領域
[印刷対象] のリストから、印刷を行いたい場所がどこかを指定します。



[印刷オフセット] 領域
印刷のオフセットの値を設定します。(上記 [印刷領域] 領域にある動画の最後に、[印刷オフセット] 領域に関する動作も出てくるので、見てください。)

[印刷尺度] 領域
印刷の尺度を設定します。

0 件のコメント:

コメントを投稿